• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白と黒

作詞:風読
投稿日:08/08/04-18:45


世の中に溢れる偽善の砂漠
「人の為」って書いて偽り
自分が一番大事なくせに
よくもまあそんな台詞が吐けるなあ

右手には自分の命
左手にはいつだってプライド
両手塞がって何も出来ないくせに
いざとなったら目逸らすくせにさあ

人の為に血を吐けるかい
人の為に恥を捨てられるのかい


綺麗な綺麗な綺麗事で
出来た世界は汚れ過ぎてた
汚れた雨汚れた土からは
優しい花など咲かない




そこで誰かが泣いていたって
見て見ぬフリして通り過ぎんだろ?
正論染みた只の言い訳
心で唱えて早足で去っていく

偽りの念が君を動かす
人の前でだけ良い格好しいですね
自分が良ければそれで良いもんな
心の中なんて見られないもんな

人の為に右手を空けられるかい
人の為に左手を空けられるのかい


綺麗な綺麗な綺麗事で
出来た世界は腐り切っていた
芽吹いたところでこんな空気じゃ
優しくない花になるさ




花が枯れてた
みんな踏んでった
殺したのは誰だ
汚れた世界だ

根っから優しい
花など無かった
白い花だって
美しい花だって


綺麗な綺麗な綺麗事で
飾ったところで変わらなかった
世界中に咲き誇る花は全て
根っこの色が黒なんだと知った

花びらは偽りなんだと知った
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。