• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

珊瑚礁


作詞:風読
投稿日:08/11/28-21:12

黙って黙って
誰かが来るのを待ってる
叫びたい衝動を殺して

閉ざされた海の底じゃ
叫んだって届かないよ


泡になって昇る言葉が
漆黒の蒼を汚してく
それを割るのが君ならば
永久の眠りも怖くない


黙って黙って
誰かが来るのを待ってる
暗い孤独に耐えて

閉ざされた海の底じゃ
もがいても空は見えないよ


碇となったこの想いが
深紅の恋に黒を落とす
決して迎えには来ないで
君を道連れにしてしまう




潮の流れに逆らう様に
僕はここに在る
時の流れに逆らう様に
僕は君を想う


灰となった君の身体に
再び何か色を付けて
届かぬ光を浴びながら
この身を燃やして君を照らす


誰もに忘れ去られても
僕は最期までここに在る
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。