• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イノセンス

作詞:風読
投稿日:09/10/12-20:44



I’ll be there
どうせそこへ行くんなら
いっそのこと呪ってやろうか
この次元に生まれた悲劇を




I’ll be there
夢物語が終わる頃
絶望を受け入れられるかな
この上なく恐ろしい孤独を

歓びの裏にさえ 悲しみは潜んでいるさ
飛んで火に入る夏の虫だって笑ってよ


I’ll be there
存在意義は要らないさ
ただ流れに身を任せ歩こう
この上なく恐ろしい孤独へ

時折訪れる 微量の静かな衝動
出来ることなら気付かず生きていたいけど



次の躾へ 魂よ届け
記憶を脱ぎ捨てて
僕じゃなくとも 君じゃなくとも
どこかで巡り遭う
信じ続けて 祈り続けて
想いは時を越える
終わりじゃない また始まるさ
そうやって僕らずっと渡っていく 明日へ渡っていく



I’ll be there
夢物語が終わる頃
絶望を受け入れられるかな
この上なく恐ろしい孤独を
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。